SE転職エンパワーofライフ

SE転職エンパワーofライフ

トップページ >
ページの先頭へ

どんな業種でシステムエンジニアとして働くか

どんな業種でSEとして働くかは時として重要になります。

今までとは別の業種を目指すときには、半年経ってもプログラマー転職先がみつからないというケースがほとんどです。

歳をとってからSE転職を考え始めたのではないなら経験がなくても受け入れてもらえるというパターンも考えられますが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。とは言ったものの、慢性的に人員不足に陥っているような業種というのは探せばありますのであまりいい労働条件のところは見つからないでしょうがエンジニア転職できるかもしれません。

残念ですが、転職しなければよかったと後悔することも珍しくありません。

やっぱり、SE転職前の仕事が良かったと思ってしまったり、年収が思った以上に上がらなかったり、新しい会社になじめなかったりすることもあります。エンジニアプログラマー転職が上手くいくには、調査を入念に行う事が重要です。

さらに、自分を売り込む事も必項です。イライラせずトライしてください。
SE 転職 大手

転職の志望動機について

SE転職したい理由は書類選考や面接においてとても大切です。相手に理解してもらう理由が無い限り評価が落ちます。

しかし、プログラマー転職にいたった理由を聞かれても理解してもらう答え方がわからない人も多いはずだと思います。多くの人が、履歴書を書いたり、スキルアピールをしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。例えば、33歳未満であれば防衛省で働く職員をはじめとする公務員試験の受験資格ありです。さらにもう少し言うと29歳〜40歳の間ということなら、国家公務員になるための試験を受けてみるという方法もOKですよ。最近感じるものとしては年齢制限が緩和されているので、以前に比べて中年以降の人でもその年齢からでもITエンジニアになれるかもしれないということが増えたのは喜ばしい。今の開発プロジェクトから別の開発プロジェクトへのプログラマー転職の際の自己PRを負担に思う人もたくさんいますよね。

SEの仕事は業種が変わっても、システムが継続する限り存在します。そのために、業種研究をしておき、旬の業種のシステム構築に取り掛かるというのもまた可能です。

そのためには努力の他にタイミング(運とも言いますが)が必要かもしれませんが、何もしなければ運もやってこないですからね。

焦燥感に駆られながらエンジニアSE転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、年収よりも採用されることを優先して開発プロジェクトを選んでしまうこともあるでしょう。

その結果、今までの職より収入が悪くなることもよくあります。

それでは、一体何のためにプログラマー転職したのかわからなくなります。年収をアップしたいのであれば、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。

急いては事をし損じるという言葉がありますが一方で、拙速は遅速に勝るという言葉もあります。いったいどちらが正解なんだと思うかもしれませんがそもそもそんなことに正解を求めるのもまたエンジニアらしいというものです。

そうしたものは、自分が良いと思ったタイミングで良いと思った選択肢を選べばよいのです。それでうまくいけばいいですし、うまくいかなければそれは何か勉強をすることができたと考えるのが次への一歩となります。

エンジニアは、システムと同じく止まってはいけないのですからね。

SE転職エンパワーofライフ
Copyright (c) 2014 SE転職エンパワーofライフ All rights reserved.