SE転職エンパワーofライフ

SE転職エンパワーofライフ

トップページ > システムエンジニアの転職と面接での質問
ページの先頭へ

システムエンジニアの転職と面接での質問

大半の人が履歴書に記入する際やスキルアピールで答える際に、苦労するのが、この転職理由です。職場に秘密でエンジニア転職活動をしながら心は新天地へと向いているけれど、メンタル面での苦痛からうつ病を発症してしまう人もいます。

うつ病の症状をかかえてしまうと、治療は医師との共同長期計画のようなものになりますし、何より生計をたてる経済力の自信喪失の苦痛が最大になります。

SE転職を成功させるための活動を行っていると、辞めてほかで働きたい希望が先走って現状が行き詰まりに思えて、これ以上にほかの方法などもう浮かばなくなることも多々あります。

次の職場の採用が決まるまで苦しんで待つのではなく、その苦しみにあるときに速やかに、専門家に相談のできる窓口を探して訪問しましょう。

転職活動は今の職を辞める前に行って、エンジニア転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職してからの方が時間の自由がききますし、すぐ働けますが、SEプログラマー転職先がすぐに決まらないこともあります。職の無い期間が半年を超過してしまうと、ますますソフトハウスが減っていきますから、勢いで現在の仕事を辞めないようにしてください。

一般論として、転職に、アドバンテージが高いとされている業界開発スキルに中小企業診断士があります。中小企業診断士の業界開発スキルをとることで、経営に関する知識を証明することができるので、会社にとって自分は貴重は戦力であると扱ってもらうことができるでしょう。

法律をよく知る行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。

中途採用の面接で質問される可能性が高い内容は基本的に決まってます。

具体的には、前の会社の退職理由について、当社で働きたいと思う理由、という内容はまず欠かせません。いたずらに前の会社のことを根掘り葉掘り聞いてくるというのは考え物ですが、普通の質問については、滞りなく答えられるようにしておくのが良いでしょう。

レジュメや履歴書などの記載時の注意点ですが、今まで自分が働いていた会社でどのような仕事をしていたのか、どこまで効果を上げてきたのかなど、客観的にみるとどのような業績や成果を出したのかを明確に書くことがポイントです。

具体的でイメージがわきやすいほど有利だと言えますが、反面、機密情報の漏えいにつながる部分なので注意も必要です。

SE転職エンパワーofライフ
Copyright (c) 2014 SE転職エンパワーofライフ All rights reserved.