SE転職エンパワーofライフ

SE転職エンパワーofライフ

トップページ > ITエンジニアとしてやって行くためのスキル
ページの先頭へ

ITエンジニアとしてやって行くためのスキル

ITエンジニアのモノづくりの世界というのは広いようで狭い、また狭いようでいて広い部分があります。そんな中で出来上がってるような出来上がってないような、そんなIT標準スキルを身に付けると転職には強くなります。

また、業界スタンダードな開発スキルや免許を保有している人と保有してない人では、担当者がエントリーシートを確認するときにも前提が変わってくると思います。

会社を変えようと思っている人は、希望する業界の多くの会社が推奨している資格はどういうものかを認識し、エンジニア転職に先んじて業界開発スキルの保有者となるのもいいかもしれません。

応募した人がスキルアピール官から耳にする質問については、どこの企業でも決まっています。それは、前の会社の退職理由について、当社に応募しようと思った理由、というもので間違いないです。レジュメや履歴書などの上手に書くポイントですが、これまで勤務していた会社でどのような仕事をしていたのか、どの程度の会社の業績にかかわってきたのか、自分が仕事でどのような成果を出してきたのかを明確に書くことがポイントです。

転職をするときに求められる業界開発スキルというのは、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家業界開発スキルが強いようです。

それに、建築とか土木系の場合には、「業務独占業界開発スキル」の建築士などに代表される、該当の業界開発スキルを有していないと実際に仕事につけないというプロジェクトがたくさんあるため、狙いやすくなっているかもしれません。

異業種への就職を考えた際、その人が飲食業界で働いている場合はSEプログラマー転職するのが非常に骨が折れます。

飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で働き方をせざるを得ないということが多くあり、今後の生活に危険を感じSE転職を考え始めたという場合も稀ではないようです。病気を抱えてしまうと、ますます新しい開発プロジェクトに就くハードルは上がってしまいますから、エンジニアSE転職活動を始めるなら早めがいいですね。

SE転職エンパワーofライフ
Copyright (c) 2014 SE転職エンパワーofライフ All rights reserved.