SE転職エンパワーofライフ

SE転職エンパワーofライフ

トップページ > SEの転職活動と人材紹介会社について
ページの先頭へ

SEの転職活動と人材紹介会社について

人材紹介会社を介して良い転職ができた人も多いと言われます。

SE転職活動を一人きりで進めるのは、精神的にキツイことも多いです。

うまく行かない事が続くと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。

人材紹介会社を使用すれば、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。でも、今のご時世、強く望まれるものとしては業界開発スキル云々というよりも実務経験があるかないかであり、業界開発スキルの未保有者であっても業務経験があり、しかも長い人の方が合否に有利に働くとも言われています。

ただし、専門職では、最初から条件として必要な特定の資格を所持していることなどとなっている案件もあります。

そのため、いわゆる専門職では、業界開発スキルの保有というものが採用されるうえで有利ということは当然のことと言えます。飲食業界から出て異業種の開発プロジェクトをみつけるのは難しいものだと耳にします。

飲食業界では整っていない労働条件で勤め方をさせられているという人が多く、不安な将来を思い描くようになり、別の仕事を探し始める場合も少なくはないようです。寝込むようなことになってしまったらさらに転職の可能性は狭まりますし、早め早めのSE転職活動を心掛けましょう。

プログラマー転職したいときに持っておいたほうが有利な業界開発スキルとして、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。これまで築いてきた経験を使った転職活動を考えている人にもおすすめしたい業界開発スキルです。

社会保険労務士という資格があれば、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の業界開発スキルがあると財務、経理関係の開発プロジェクトに就きやすくなります。

異なる業種にSE転職するのは困難であるというイメージが強いですが、実情はどうなのでしょうか?結果から言いますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。

士業の資格とまでなると、取得するのは簡単ではありません。ただし、自分が加わる業務経験について学んでおくのは、後々に仕事の幅を広げるのに、ためになることだと思うのです。

今は何の役に立つか分からなくても、後々にそれが金の卵ならぬ、金のかぼちゃを生むぐらいのことはあるかもしれませんからね。

SE転職エンパワーofライフ
Copyright (c) 2014 SE転職エンパワーofライフ All rights reserved.