SE転職エンパワーofライフ

SE転職エンパワーofライフ

トップページ > エンジニアの転職と別の業種への転職について
ページの先頭へ

エンジニアの転職と別の業種への転職について

今までとは別の業種を目指すときには、半年経っても転職先がみつからないというケースがよくあります。

転職をしたい人がまだ未来ある若者であるならば未経験者にも採用の口があるというパターンも考えられますが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。

とは言ったものの、慢性的に人員不足に陥っているような業種というのは探せばありますので特に労働条件への拘りなどなければどうにか仕事を変えられる可能性があります。

SE転職と言えば、自己PRに苦手意識がある人も多いですよね。自分自身の主張すべき長所や得意分野がわからなくて、うまく言えない方も少ないとは言えません。エンジニアSE転職等に関するサイトにある性格を調べるためのテストを使ってみたり、周りの方に尋ねてみるという方法も使えます。加えて、その会社に無事エンジニアプログラマー転職することができたら、どのような役に立つことができるのかもご一考ください。

人材紹介会社にお世話になってエンジニアプログラマー転職がうまくいった人も多く見られます。

自分だけでSEプログラマー転職活動を行うのは、気持ちの面で辛いと思うことも多いです。

エンジニアプログラマー転職先がなかなか決まらないと、これ以上どうしたら良いのか、分からなくなることもあります。人材紹介のサービスを提供する会社を利用すれば、自分の条件にマッチする応募先を紹介してくれたり、自分だけでは思いつかなかったようなアドバイスをもらえるでしょう。転職するなら、不動産業界にしようと考えているのであれば、第一に宅建主任者業界開発スキルを取られることが先決です。

宅建主任者の資格を持っていないと、就職がむずかしい企業も見受けられます。業務内容によってどんな業界開発スキルが必要なのか異なりますので、転職前に、次の開発プロジェクト内容にあった業界開発スキルを取得しておくのも良い方法です。

宅建とIT技術者というのは一見関係がないように見えます。確かに、言われたことを黙々と作るプログラマーであればそうした技術は要らないかもしれませんが、結局はそこでとどまるつもりですかということになってくるのです。

SE転職エンパワーofライフ
Copyright (c) 2014 SE転職エンパワーofライフ All rights reserved.